健康のための運動は定期的に行うことが大切です

E146_jyunnbiundousuru.jpg500.jpg

健康のための運動は、定期的に行うことが大切です。
最初は、簡単な運動から始めていく必要があります。

いきなり体にきつい運動を行うと、体を壊してしまう可能性が高いからです。

また、きつくて辛い思いをするのを嫌がり、長続きせずにやめてしまう可能性も高くなります。

そのため、最初は簡単なウォーキングやダンベル体操を行う方が長続きします。

ウォーキングは器具を必要としないのでお金が掛かりませんし、自分のペースで進めることができます。
ダンベル体操は筋肉を鍛えることで基礎代謝を上げることができ、体脂肪を減らしやすい体にすることができます。



消費カロリーを上げるための取り組み

ダイエットの原理はそれほど難しいものではありません。摂取カロリーがまされば太り、消費カロリーがまされば痩せるのです。消費カロリーを上げるには運動するべきです。効率を考えれば有酸素運動が適しています。例えば起床時の血糖値は一日の間でもっとも低くなっているのが普通です。

直前の食事からもっとも時間が離れているからです。このタイミングで有酸素運動を行うと、まず血糖がエネルギーとして、次いで脂肪が消費されます。約100kclの消費が期待できます。体重1kgを減らすには7700kcalの消費が必要ですので、微々たるものかもしれません。

しかし食事で節制し筋力トレーニングで基礎代謝能力を上げていけば、やがては実を結びます。そこを急いで過激な方法に走ると、リバウンドを起こして結局は続かないうえ取り組みが失敗に終わるのです。



ダイエット方法について

ダイエットは、体重を落とすことですが、その目的は、体をスリムに見せる他に、お腹などについている余分の中性脂肪などを解消する目的でも行われます。

中性脂肪等が多い高脂血症になると、動脈硬化などにつながることから、そのためにもダイエットを行って体をスリムにしておくことは重要です。

ダイエット方法としては、食事を制限するという方法もありますが、やはり、運動することが大事です。運動によって脂肪分を燃焼し、また、体の筋肉量を多くして基礎代謝を活発にするという効果があります。



適度な運動をするメリット

適度な運動は体を強くし、ストレス解消になり、仲間作りにもつながるものです。ただし、あまりにも熱くなり過ぎて、やり過ぎてしまうと、体を痛めたり、ストレスの原因になったり、人との衝突を起こすものになってしまうので注意が必要です。

目安としては、呼吸が乱れない程度で、長時間できるような運動が良いです。呼吸が乱れると体の負担になり、酸化が進んでしまいますし、肉体的な負担から精神的にもストレスを感じるので良くないのです。


消費カロリーについて

運動するとカロリーが消費されますが、その量は個人差があります。年齢や体の大きさ、性別や普段の生活習慣などが関係しています。基礎代謝が高いとカロリーも消費されやすいです。ですから、同じように運動しても痩せられないというのもおかしい現象ではありません。
消費カロリーは運動の負荷により異なります。負荷が強いとその分消費カロリーも増えます。スポーツ選手が高カロリーの食事をしないといけないと言われるのはそのためです。基礎代謝を落とさないためにもオルニチンを摂取することをおすすめします。サプリメントなら自然食研のシジミ習慣が人気です



ダイエットの効果的な方法

ダイエットを始めたいと考えている方は、ウォーキングやサイクリングなどの有酸素運動や、筋トレなどの無酸素運動を行うのが効果的です。
筋トレをすると、筋肉量が増えるので、体脂肪を減らすことが出来ますし、見た目の印象も痩せてみえる効果があります。

普段あまり運動をしない方は、最初は体に負担の掛からない程度にしたほうが良いでしょう。

ウォーキングやサイクリング、縄跳びなどは特別な道具なども必要なく、手軽に始められます。